めなりを飲んで老眼予防を始めましょう

めなりに含まれるルテインは老眼予防に有効

 

ルテインサプリの1つである「めなり」は老眼予防にもおすすめです。

 

めなりに含まれるルテインは目の病気予防に欠かせない成分が含まれており、ルテインの効果を高める成分も含まれています。

 

40代を境に起きやすくなる老眼ですが、早めの対策を行う事で進行を予防する事ができるようになります。

 

今回は老眼の原因と症状について解説し、めなりの効果について紹介していきますのでご参考ください。

 

 

老眼が40代以降から起きやすくなる理由

なぜ老眼は40代以降から起きやすくなるのか?

 

老眼は40代以降から症状が増える目の生理現象です。

 

また、老眼が起きると目の病気と思われがちですが、実は加齢による生理現象の1つなのです。誰にでも起こりうる症状と言う事です。

 

目の加齢による現象が起き始めるのは30代で全体の8割以上で、40代では9割以上に達しているのが現状となります。

 

40代となると今まで長い人生で目を使ってきた事により、視力に関する機能低下が起こり始める時期です。

 

一昔前までは40代以降から起きやすくなると言われていたのですが、現在はパソコンやスマホの普及によって目を酷使する20〜30代からスマホ老眼と呼ばれる症状も増加しています。

 

さらに眼精疲労が続く事によって老眼が起きるケースも増えています。目に対する負担が増える程に老眼が起き始める時期も早まって行きます。

 

40代を迎えると徐々に視力の機能がゆるやかに低下し始めていき、50代を迎える頃には近くの物が見えにくくなる場合もあります。

 

特に小さな文字を読む際に、一旦は近くで見るけれど全く見えずに少し離してみえるようになる仕草が出始めた時には老眼が始まっている可能性があります。

 

出来るだけ早く老眼の症状に気づき、進行を遅らせる対策を行う事で視力機能の低下を予防していく事ができます。

 

40代を迎えてから老眼予防を行うより、30代の内から将来の為に日頃の目に対する酷使を減らしていく事も意識していってください。

 

老眼が起き始めた時に起こる自覚症状

なぜ老眼は40代以降から起きやすくなるのか?

 

老眼になると目のピント機能が低下し、視界のピントが遠くに合ったまま戻らない状態となります。

 

遠くにピントが合ったままの状態で固定されてしまうので、近くの物がボヤけて見えにくくなってしまうのです。

 

40代は目の前の物が見えるようになる距離が約25cm必要とされ、20代の場合は約10cmで済みます。

 

この見える距離は年齢に比例しており、加齢を重ねるにつれて目の機能は低下してきます。

 

例えば、新聞や雑誌の小さな文字を読む時の距離が遠くなってしまいます。さらに文字を読む際に、パピプペポとバブブベボの文字を見間違えるケースも起こります。

 

これは近くの物を見る時にピントが合っていない状態で、ピントの合って見える位置まで距離を取らなければなりません。

 

また、TVを見た後に感じる目の疲れに加え、肩こりや頭痛が同時に起こる場合があります。

 

この症状はピントを調整して合わせる為に眼筋を酷使している状態で、血流が低下してしまう事により首が疲れてしまいます。

 

逆に首の痛みや肩こりが酷い時も目の疲れに繋がってしまうので、互いに影響し合っているのです。

 

老眼になると、ピントを調節する際に目を細めながら見るので目が疲れてしまいます。この疲れがさらに老眼の症状を進行させてしまいます。

 

もしもこれらの症状に当てはまっている場合、すぐに眼科に行って目の検査を行うようにしてください。

 

老眼が起きる2の原因

老眼を起こしている2の原因

 

老眼が起きる原因として考えられる理由は2つあります。

 

1つ目は水晶体が硬くなってピントが合わなくなる事です。

 

目で物を見る時に対象物との距離によってピント調節を行いますが、水晶体の厚みを変化させる事でピント調節を行っています。

 

水晶体はカメラで言うレンズの役目を担っている部位であり、目の一番前の部分です。

 

この水晶体は厚みを変える事で光の屈折を変化させて網膜で対象物を認識します。

 

そして水晶体自体は非常に柔らかく柔軟性がありますが、加齢によって徐々に柔軟性を失って硬くなっていき、厚みの調整がやり辛くなってしまうのです。

 

最後は水晶体が硬く固まってしまい、遠くにピントを合わせた状態で固定されるので近い物を見るとボヤけて見えにくくなります。

 

これは水晶体が衰える事により弾力が低下し、調整が全く効かなくなってしまう状態になっています。

 

2つ目は毛様体筋の衰えによって水晶体を動かせなる事です。

 

毛様体筋は水晶体の厚みをコントロールしている筋肉ですが、衰えによって機能低下する事で水晶体の調整が出来なくなってしまいます。

 

衰え自体は加齢および近距離で目を酷使する事により、毛様体筋が緊張しっぱなしの状態となってしまい、この緊張状態が何度も繰り返される事が元で衰えてしまうのです。

 

本来であれば毛様体筋が水晶体の厚みを変える時、硬くなって水晶体を押し付けると厚みを増し近距離のピントを合わせ、逆に緩む事で水晶体が薄くなって遠くにピントを合わせます。

 

ですが水晶体が健全な状態であっても、毛様体筋が衰えていると厚みの変化を起こせなくなり老眼の状態となってしまいます。

 

老眼予防に効果のある4つの方法

老眼の進行を予防する為に行うべき3つの方法

 

老眼自体は人間の生理現象なので完全に止める事はできませんが、進行を遅らせる事はできます。

 

そして老眼の進行を予防する対策を初期の頃から行っておくと、50代や60代を迎えた時に視力に差が出てきます。

 

40代の頃から早めに対策を続けていくと老眼の進行を大幅に遅らせる事が可能となるのです。

 

対策の目的は、水晶体および毛様体筋の衰えを予防する事となり、ピント調節機能の維持を続ける事です。

 

以下の4つの方法を行う事で老眼予防の対策となります。

 

眼鏡を使用して目の負担を減らす

1つ目の老眼対策は専用の眼鏡を使用する事です。

 

老眼が起き始めた時に専用の眼鏡を使用する事で目の負担を減らせます。

 

その理由として、老眼が起き始めた初期状態において毛様体筋と水晶体は柔軟性を残しています。

 

この両方の衰えを進行させないために負担を減らす事が最優先でやるべき事なのです。

 

眼鏡の専門店へ行き、検査を行なった後に自分の目の状態に合わせた眼鏡を作ってもらいましょう。

 

こうする事でピント調節の際に目の負担を減らす事ができるようになります。

 

老眼の初期で進行を予防する為に専用の眼鏡を使用すれば、その後の機能低下を予防する事ができます。

 

水晶体と毛様体筋をトレーニングで鍛える

2つ目の老眼対策は水晶体と毛様体筋をトレーニングで鍛える事です。

 

両方を毎日トレーニングで鍛える事によって機能低下の予防が行えます。

 

以下の方法は水晶体と毛様体筋の動きを良くするために行うトレーニングになります。

 

これらのトレーニングを行う事で、毛様体筋の動きを良くしていく事ができます。

 

また、眼鏡やコンタクトを使用している人はそのまま行っても構いません。

  1. 目を強めに3秒間閉じた後、目を開いて下を見る(上下左右でそれぞれ行う)
  2. 目の前15cmの位置にペンを持って(人差し指も可)両目でピントを合わせる、その状態のまま、もっと先にある物にピントを合わせるのを繰り返す
  3. 目の前のペン(人差し指)と、さらに先にある遠い物にピントを合わせるのを1〜2秒の感覚で繰り返す

 

水晶体と毛様体筋を温めて緊張をほぐす

3つ目の老眼対策は水晶体と毛様体筋を温めて緊張をほぐす事です。

 

目を温める事で、水晶体や毛様体筋の緊張を解きほぐす事ができるのですが、この方法は温熱療法とも呼ばれています。

 

さらに同時に目の周りの毛細血管も温められる事により、血行が良くなって目に酸素や栄養素が届きやすくなります。

 

目に栄養が行き届きやすくなると、目の状態も良くなって結果的に老眼予防に繋がるのです。

 

温める為の方法は、タオルを濡らして絞った状態で電子レンジで1〜2分温めてください。そして目の上に置いて5分ほどすると目がスッキリした気分になります。

 

目の緊張がほぐされる事で、ピントが少し手前でも合うようになります。この方法は毎日の習慣にする事で老眼予防に繋がります。

 

また、パソコンを使った作業や長時間のスマホ使用によって目に疲れを感じた時にすぐ行えますので、目を酷使する場合におススメの方法です。

 

ルテインの摂取で活性酸素を除去

4つ目の老眼対策はルテインの摂取で活性酸素を除去する事です。

 

老眼の原因である1つに活性酸素が考えられており、水晶体と毛様体筋の衰えに関係しています。

 

活性酸素は体内に摂取した酸素によって代謝を行う際に発生する物で、体を守る働きを持っています。

 

そして活性酸素は白血球などの免疫機能の一部として、体内に侵入してきた細菌を取り除く役目を持っているのです。

 

しかし、活性酸素の量が過剰になると細胞を酸化させてしまい、体を守る為に存在しているはずの活性酸素が害となってしまいます。

 

活性酸素は目の中にも発生し細胞を酸化させてしまいます。これが老眼以外にも起きる目の様々な病気に繋がってしまいます。

 

特に水晶体は外部から入ってくる紫外線やブルーライトの有害な光から目を守る為に、目の表面にルテインのコーティングがされている状態なのです。

 

ですがルテインの量が不足し始めると、目の中に有害な光が侵入してしまい、活性酸素が発生しやすくなってしまう状態になってしまいます。

 

そして水晶体や毛様体筋をはじめ、網膜にも活性酸素の影響で機能低下を起こし始めてしまうという事です。

 

予防するにはルテインを補給して不足しないようにして水晶体を守る必要があります。

 

老眼や目の病気を予防するためにルテインは欠かせない成分なのです。

 

老眼予防にめなりがおすすめ

老眼予防に「めなり」の摂取が効果的な理由
老眼予防にルテインサプリのめなりがおすすめです。

 

何故なら、ルテインは体内で自然に作り出す事ができず、必ず外部から摂取しなければなりません。

 

ルテインを多く含んでいる食材を取り入れる事が良いのですが、食材が限られており費用も高くついてしまいます。

 

また食事でルテインを摂取した際に体内での吸収率ですが、全てが体に吸収されるわけではなく一部は体外へ排出されてしまうのです。

 

そこで吸収効率が高いルテインサプリメントの「めなり」をおすすめしています。

 

食材から摂取するルテインの場合、ルテインだけしか摂取できませんが「めなり」の場合、ルテインの吸収効率を高める成分も含まれているんです。

 

それはクロセチンと呼ばれる成分で、血行促進や視神経を保護する作用を持っています。これでルテインとの相乗効果で目の健康維持をしてくれます。

 

さらにルテインと同時に摂取すべき有効成分があります。その成分はアスタキサンチンとゼアキサンチンです。

 

この2つの成分をルテインと同時に摂取する事によって老眼や目の病気予防に役立ちます。

 

「めなり」を摂取するメリットは有効成分をまとめて摂取できる事、吸収効率が高い事、費用を抑えられる事です。

 

日々の老眼予防の方法と同時にめなりの摂取を行うと、予防効果はさらに高まります。

 

40代から起こり始める老眼予防に「めなり」を摂取しながら、予防対策を続けていく事をおすすめいたします。

 

そして、50代や60代を迎えた時も老眼にならずにスッキリした視界で毎日を過ごせるようにしましょう!